自宅で「シミ取り」(5週間経過 停滞期それとも限界?)

シミ取り,しみとり,シミとり,男性,シミ対策,トレチノイン,0.1%,アルブチン,ハイドロキノン,ターンオーバー,レチノイン酸シミ取りシミ取り
スポンサーリンク

トレチノイン0.1%(5週間))とクラリスクリーム(3週間)による、右頬の「シミ取り」の経過

お疲れさまです。コグリンです。
最近、仕事が忙しくてブログが更新できていません。何とか今週で山を越えたいところです。

さて、シミ取り活動ですが、5週間が経過しました。
が、シミの濃さの変化が殆どなくなってきました。これが限界なのか、はたまた停滞期に入ったのか!?私としては、もう少しシミが薄くなってくれれば「シミ取り 成功!」とアピールできると思ってます。(今の状況では、ちょっと弱いかなぁ~)
状況として、トレチノインへの耐性ができてきたのか、以前はシミの表面がザラザラしてきて、その後皮がめくれる現象を繰り返していたのですが、今はシミの表面にザラザラ感がない状況です。もしかしたら、これが限界なのかなぁ??もう少し塗り薬を継続して様子を見てみます。

2020年11月01日時点(自宅でシミ取り 4週間経過)
2020年11月08日時点(自宅でシミ取り 5週間経過)
自宅で「シミ取り」(4週間経過 大失態。反省。。)
トレチノイン0.1%(4週間))とクラリスクリーム(2週間)による、右頬の「シミ取り」の経過お疲れさまです。コ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました