試しに1週間の禁酒生活をしてみて分かった睡眠改善効果

睡眠改善

禁酒を開始して、ようやく1週間が経ちました。感覚的には、お酒が飲めないぶん長く感じました。
その反面、睡眠は劇的に改善されました。
その他、胸やけの解消、集中力UP等、副次的にうれしい発見もありました。以下にレポートします。

スポンサーリンク

禁酒効果①:6時間以上の睡眠が取れるようになった。

飲酒して就寝した場合、睡眠時間は5時間が良いところでした。
しかし、禁酒して就寝した場合、6時間以上の睡眠時間が確保できるようになりました。
(私自身、50歳手前頃から、7時間ぶっ通しで眠るなんて、年齢的に無理なことだと思ってました。)

しかも、朝目覚めた時の「すっきり」感が半端なく改善されています。
そのため、この1週間、昼間にウトウトすることがなかったです。

<禁酒1週間の睡眠状況>

 禁酒日数   睡眠時間  睡眠時間帯トイレ目覚め状況
1日目6時間23時~5時ノンストップで5時起
2日目6時間24時~6時ノンストップで6時起床
3日目7時間24時~7時5時にトイレ、その後すぐ寝付き7時起床
4日目6時間24時~6時ノンストップで6時起床
5日目7時間22時~5時ノンストップで5時起床
6日目7時間24時~7時5時にトイレ、その後すぐ寝付き7時起床
7日目7時間24時~7時4時にトイレ、その後すぐ寝付き7時起床
スポンサーリンク

禁酒効果②:ノンストップ(途中のトイレ目覚めなし)で朝を迎えられるようになった。

飲酒して就寝した場合、必ずと言っていい程、AM3時~5時の間にトイレで目が覚めていました。
しかし、禁酒して就寝した場合、7日中4日(50%以上の確率)は、ノンストップで朝を迎えることができました。ノンストップで朝を迎えるのは、10年ぶりくらいに感じており、自身にとっては衝撃的な事件といった感じです。

禁酒効果③:寝てる時の咳き込み、起床時の胸やけが解消された。

禁酒したことにより、慢性的な逆流性食道炎の症状が改善されました
具体的には、寝てる時に胃酸が逆流してくることがなくなりました。

胃酸の逆流が起きると、咳き込んでしまい、一気に目が覚めてしまいます。その後も、喉に違和感が残り、ナカナカ眠りにつくことができません。これが解消されただけでも、大変うれしく思ってます。

ちなみに、私は普段、下記のの枕(重宝してます!)の上に、高さのある枕を置き、その上に頭をのせて寝ております。今回の禁酒生活では、2段目の枕をもう少し低い枕に変えました。
その結果、快適感が増した感じがしております。

↓↓↓(参考)睡眠中に胃酸が逆流してくる私にとって、腰から緩やかな傾斜がついてる、この枕はとても重宝しております。

禁酒効果④:集中力が増した。

明らかに午前中の仕事の集中力が増してました。禁酒したことで、睡眠が改善されたことと、酒が残ってないことから、頭の中がクリアになってるように感じます。更に、体が軽く感じ体調も明らかに改善されてるように感じます。

禁酒効果⑤:お酒で支配されてた時間を取り戻せた。

これは、私にとって、とても大きな発見でした。普段は仕事が終わってからお酒を飲みはじめ、その後風呂に入いり、酔いが覚める前に寝ると言った生活パターンでした。つまり、飲み始めてから寝るまでの時間はお酒に支配されてました。

しかし、禁酒すると違います。酒を飲む時間と酔っ払ってる時間が自分の時間になります。この時間を使って、ブログを更新したり、スキルを身につけたり等等、有効活用することができます。この有効活用を積み重ねれば、この先の自身の未来が変えられそうに感じました。

禁酒の逆効果①:食欲が増して太った。

逆効果もあったのでレポートしておきます。
お酒が飲めなくなった分、白米等 食べる量が増えました。1週間で1.5Kg程度体重が増えました。

まとめ(今後について)

1週間の禁酒生活を送ったことで、睡眠の質と量が顕著に改善されることが分かりました。
今後の生活を改善していくための、価値ある検証ができたと感じてます。

特に、就寝後ノンストップで朝まで眠れることが分かったのは、私にとって大きな大きな発見でした。
また、逆流性食道炎の症状もだいぶん軽減され、すっきりした朝を迎えらることが分かりました。
総評すると、お酒を飲めないこと以外は、良い事づくめの1週間でした。
(とはいえ、これまでお酒を毎日がぶ飲みしてきた私にとって、いきなりの禁酒生活はきつかったのが正直なところです。日を追うごとに、夜になると「お酒を飲みたい!」と言った気持ちが強くなってきてました。

そこで、今後についてですが、

いきなりの「禁酒」はハードルが高すぎると感じてます。
一方、今回の検証を通じて、お酒を減らさないと、睡眠の質と量を改善できないことが分かりました。
つきましては、今後の方針として、飲酒量を減らして睡眠改善を図っていきたいと考えております。

具体的には、飲酒する場合は、就寝する4時間前までに、ビールか酎ハイを350ml飲む生活をして、睡眠が改善されるか試行していきたいと思ってます。
(就寝4時間前までに適量の酒を飲み終えれば、睡眠に影響を与えにくくなるという情報をどこかで見かけたことを記憶しているので、これを試してみたいと思います。)

こちらについては、別途記録して機会をみてレポートしたいと思います。

にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました