1ヶ月の「16時間のプチ断食」の成果

若さキープ

1ヶ月ぶりの投稿になります。仕事が何かと忙しくてブログがおろそかになってました。
そんな中でも、前回の記事でご紹介した、中田敦彦さんの「空腹こそ最強のクスリ」を聴講して以降、「16時間のプチ断食」を1ヶ月継続しております。今回は、その成果に関する情報を掲載します。

老化防止の生活習慣改善宣言:「16時間のプチ断食」と「ウォーキング」と「睡眠改善」
お疲れ様です。最近、中田敦彦さんのYOUTUBE大学にハマっています。特に「健康」に関する講義を聴講して、共通して「や...
スポンサーリンク

1ヶ月のプチ断食生活について

前回の記事を書いてから、在宅勤務が続く中、約1ヶ月間「16時間のプチ断食」を継続しております。
具体的には、
21時に夕食を食べ終え、翌日の13時過ぎに昼食を食べるプチ断食をしております。
13時過ぎの昼食は、仕事をしながらの「ながら昼食」で比較的軽め(例:おにぎり1,2個)に済ませております。
一方で、夜は19時頃からハイボール(糖質ゼロのアルコール度数7~9%)350ml×2本を、笹かまやプロセスチーズをつまみにダラダラ飲み出します。
20時過ぎから家族での夕食がはじまり、21時には、飲食を終えるようにしてます。お酒のつまみや夕飯のおかず等で夕飯はお腹が一杯になる日がしばしばあります。ちなみに、白米は、糖質を取り過ぎないよう、お茶碗で1杯以内に抑えるようにしております。
食しているモノとしては、腸の免疫力強化に配慮したモノを食べてます。
具体的には、「発酵食品(ヨーグルト、納豆、キムチ)」と「食物繊維(リンゴ、みかん、レタス、しめじ等)」を意識的に取得しています。
ヨーグルトと納豆、リンゴもしくはみかん等の柑橘系は、ほぼ毎日食べてます。

在宅勤務の中での運動については、最初の2週間は、昼休みと夕方に散歩して計約8千歩程歩いていましたが、後半2週間は仕事に余裕がなくなったこともあり、1日置きに8千歩程度歩いている状況です。

スポンサーリンク

1ヶ月の「16時間のプチ断食」成果

もっとも分かり易い成果として、体重が83kgから80.5kgまで減りました。(ちなみに身長は178cmです。)
「16時間のプチ断食」を始める前まで、在宅勤務で体を動かさなくなったこともあり体重が3kg増えていたのですが、プチ断食を始めたおかげで、在宅勤務前の体重に戻りつつあります。
「16時間のプチ断食」を実施しての感想として、最初の1週間は16時間が経つまでにお腹が減ってキツかったです。が、1週間経過後はだいぶん慣れました。とにかく「16時間経過するとオートファジーがはたらき、老化が防げる」と思うと、モチベーションがあがるので、今のところ意外と我慢できております。
この1ヶ月の体重以外での変化としては、
 ・体が感覚的にも軽くなり、体調が良くなった。
 ・勤務時間帯での集中力が増したように感じる。
 ・便通が良くなった。
今月、健康診断を受けるので、血液検査の結果が改善されているか確認したいと思います。
普段、「尿酸値」と「血糖値」が高めなので改善してることを期待しています。

今後の「16時間のプチ断食」について

以上より、自身としてはこの1ヶ月で結構体調が良くなったと実感しています。なので、引き続き「16時間のプチ断食」を継続していきます!!
今後の改善点としては、「酒の量を減らす」のと「毎日1万歩近くウォーキングする」ことになります。
ただ、上記の2つの改善を積極的に進めることがストレスとなると長続きしなくなるので、気を付けたいと思ってます。
例えば、体重減少をモチベーション(楽しみ)にしながら、週ごとに努力目標を掲げて、進めていきたいと思います。
更に成果がでてくれば、また報告します!
話変わりますが、睡眠改善についても並行して実施してますので、次の記事でご紹介します。(結構改善されました。)

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました