自宅で「シミ取り」を開始します!

シミ取り,しみとり,シミとり,男性,シミ対策,トレチノイン,0.1%,アルブチン,ハイドロキノン,ターンオーバー,レチノイン酸シミ取り

お疲れさまです。コグリンです。

先月、「最近、気になっている顔のシミ対策について」の記事を書きましたが、

最近、気になっている顔のシミ対策(シミ取り)について
お疲れ様です。アラフィフおっさんのコグリンです。今日は、若さキープに向けた取り組みについて書きます。顔のシミの...

その後、以下の2つの塗り薬を取り揃えました。

シミ取りの2種類の塗り薬(トレチノイン0.1%,クラリス クリーム)

トレチノイン0.1% ・・・肌のターンオーバー(代謝)を促進させ、シミのある層を肌の表面にどんどん押し上げて、シミを肌の外に排除します。アイドラックストアさんで購入しました。納期は2週間ちょっとでした。

クラリス クリーム ・・・アルブチン(ハイドロキノン誘導体)が配合された薬で、シミができるプロセスを阻害してシミをできにくくします。Amazonで購入しました。納期は、4日程度でした。

シミ取りに向けた塗り薬の使い方

まずは、トレチノイン0.1%を塗って、シミが出来ている肌の層を表面に押し上げて、シミを肌の外に排出していきます。
具体的には、10月,11月の2ヶ月間、毎日寝る前にトレチノイン0.1%を患部に薄く塗ります。そして、シミがどれくらい薄くなっていくかを検証していく予定です。期間を2ヶ月間に設定した理由は、次の2点となります。
  ①普通の状態で皮膚が生まれ変わるのに2ヶ月かかる。
  ②トレチノインは耐性が生じるらしく、最長でも8週間程度が目安となる。


次に、クラリスクリームについては、私自身肌が弱いこともあり、トレチノインを塗ることで肌がどんな反応を示すか様子をみながら、併用を検討していきたいと考えています。
参考までに、トレチノインの正しい使い方のリンクを以下に付けておきます。

専門医が教えるトレチノインの正しい使い方ーどんな「しみ」でも消えるのか、費用、副作用を含めて徹底解説ー | TMクリニック西新宿|皮膚科、小児皮膚科、内科、アレルギー科【保険診療対応/アレルギー専門医/西新宿駅徒歩5分/19時まで診療】
専門医が教えるトレチノインの正しい使い方ーどんな「しみ」でも消えるのか、費用、副作用を含めて徹底解説ーこんにちは。TMクリニック西新宿院長おかだりかです。 トレチノインは、「しみ」に対して皮膚科のクリニックや病院でよく処方される成分です。...

今後について

現時点で私のシミ状態は、以下の感じです。最近、ゴルフや娘の運動会に参加したので更にシミが濃くなった感じもします。

今後、経過をブログにアップしていきます!乞うご期待!!

にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました